美里アルバムヒストリー①eyes

「eyes」
画像

1985年10月2日発売。

①SOMEWHERE
②GROWIN' UP
③すべて君のため
④18才のライブ
⑤悲しいボーイフレンド
⑥eyes
⑦死んでるみたいに生きたくない
⑧追いかけてRAINBOW
⑨Lazy Crazy Blueberry Pie
⑩きみに会えて
⑪Bye Bye Yesterday


「死んでるみたいに生きたくない」、タイトルを初めて見た時びっくらこいた(笑)

曲を聴くと「ああ、こんなもんか(笑)」って感じなんですが

タイトルのインパクトは圧倒的でした。

美里のイメージはこれで確立したかも。


ただ僕にとって、美里のアルバムの中では一番、思い入れの薄い作品

好きな曲はあまりないアルバムなんですが

やっぱり、「eyes」と「きみに会えて」は今聴いても名曲ですね。


あ、目立たない曲だけど、美里作詩の「追いかけてRAINBOW」は好きです。

真っ直ぐな感じは美里らしい・・・


「18才のライブ」はタイトル通り、ライブの印象が強い。

「GROWIN' UP」は、今でもライブの超定番曲だ!

ライブで聴き過ぎて、最近飽きてきたな・・・笑

『成長』って年でもないし(笑)


「悲しいボーイフレンド」は、最近のセルフカバーバージョンはいいですね!

『彼氏のトニック』って・・・昭和の香りがして嫌だけど(笑)



僕はこのアルバムを初めて聴いたのは、

美里にハマり始めた「tokyo」(1990年)の頃・・・

アルバム全作品制覇しようと、とりあえず買いましたが

一番聴かなかったアルバムですね(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック